【買い方解説】仮想通貨Lisk(リスク)の買い方・購入方法を徹底解説

2017年11月には500円以下だった仮想通貨Lisk(リスク)の価格は年末から大きく高騰し一時3,000円(2017年12月時)になるなど価格が高騰しています。日本国内の大手取引所ビットフライヤーへの上場もありこれからさらに価格が高騰していくことが考えられます。この仮想通貨Lisk(リスク)高騰をきっかけに買いたいという方も増えています。そこで今回は仮想通貨Lisk(リスク・LSK)を買いたい方のために仮想通貨Lisk(リスク・LSK)のおすすめの取引所といくらから買えるのか、その将来性まで解説していきます。この記事を読んでる時間がなくLisk(リスク・LSK)がいますぐ欲しいという方はビットフライヤーでアカウントを開設し、購入することをおすすめしています。

仮想通貨Lisk(リスク・LSK)とは

Lisk(リスク)とは分散型アプリケーションのプラットフォームです。(大まかにはイーサリアムと似ています。)Lisk(リスク)上の仮想通貨としてLisk(LSK)が使われています。2016年5月に生まれた新しい仮想通貨(プロジェクト)にも関わらず時価総額では19位(2018年1月現在)と上位に食い込んでいる期待のアルトコインです。

Lisk(リスク)の特徴としてはサイドチェーンを採用しています。サイドチェーンとはメインのブロックチェーンでのやりとりとは別に分散型アプリケーション上に別のブロックチェーンを用意してやりとりさせるような仕組みです。このサイドチェーンの仕組みはメインチェーンへ書き込む情報量が少なくなるため処理速度が早いということと、アプリケーション上に重大なバグ(トラブル)があったとしてもバグが生じる前の状態に戻せるというメリットがあります。またそのほかのLiskの特徴としてはスマートコントラクト契約の記述言語にJavaScriptを採用しています。JavaScripのコードを書けるエンジニアは比較的多いのでLisk上のアプリケーションの開発がされやすく新機能の開発が進むことから注目が集まっています。

Lisk(リスク・LSK)高騰の理由

最近のLiskの高騰理由としてはまず、2017年11月18日の「ブロック生成による報酬減」によるものです。Liskでは、ビットコイン(BTC)でおこなわれているマイニングと同様に不正な取引がないよう取引の承認作業に報酬が支払われていますが、その報酬が1ブロックあたり5Liskもらえていたものが、4Liskになり、その後年に1回の報酬減が決まったため希少性が上がると投資家が読みLiskの価格が高騰しています。また、開発言語にJavaScriptを採用していることから開発のしやすいLiskの開発が順調に進んでおり、2018年に新機能が発表されることを期待され高騰を続けています。

仮想通貨Lisk(リスク・LSK)はいくらから買えるの?

Lisk(リスク・LSK)の価格は1LSK=2,000〜3,000円前後と(2017年12月現在)とても投資しやすい価格で投資できます。2,000円なら高校生でも投資できるレベルですよね!ビットコインは1BTC=200万円クラスなのを考えると気持ち的にはLisk(リスク・LSK)の方が買いやすいかなと思います。

仮想通貨Lisk(リスク)が買えるおすすめの取引所

ビットフライヤー

2018年1月31日よりビットフライヤーにLisk(リスク)が上場したため、ビットフライヤーでLiskを買うことができます。(2018年2月1日現在、コインチェックが仮想通貨取引を一時停止しているため、ビットフライヤーでの購入をおすすめします。)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コインチェック

最近、出川哲朗を起用したCMで話題のコインチェックでLisk(リスク・LSK)を購入することができます。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

取引所開設はこちら:コインチェック公式サイト

ビットフライヤーのLisk(リスク)の買い方

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

1.まずはビットフライヤーのアカウントを作成

まずはビットフライヤーのアカウントを作成します。Lisk(リスク)を買うには「本人確認書類」の提出・ハガキの受け取りまでする必要があります。ビットフライヤーのアカウント作成はこちらから

2.ビットフライヤーに日本円を入金

ビットフライヤーでLisk(リスク)を買うためにはビットフライヤーの口座(アカウント)に日本円を入金する必要があります。

ビットフライヤーにログインして左側に表示されるメニューの中から「入出金」から「日本円ご入金」を選択して表示される振込先にお金を振り込むことでビットフライヤーアカウントに入金できます。

3.Lisk(リスク)を買う

1.左側メニューから「アルトコイン販売所」を選択し、販売所内で「リスク」を選択します。

2.注文窓から欲しいLisk(リスク)の数量を入力して「コインを買う」ボタンを押すことでLisk(リスク)を購入することができます。

コインチェックでのLisk(リスク)の買い方

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

1.まずはコインチェックのアカウント作成

まずはコインチェックのアカウント作成をする必要があります。Lisk(リスク・LSK)の購入を行うためには「本人確認資料」の提出・ハガキの受け取りまで行う必要があります。Lisk(リスク・LSK)の購入には必須になるのでここまで進めましょう!コインチェックのアカウント作成はこちらから

2.コインチェックに日本円を入金

Lisk(リスク・LSK)を購入するにはまずコインチェックに日本円を入金しなければいけません。「コインチェックの口座に入金」→「口座の日本円でLisk(リスク・LSK)を購入」という流れでLisk(リスク・LSK)を購入していきます。

コインチェックのアカウントにログインして「日本円/USドルを入金する」から銀行振込を選択して表示される振込先に入金するお金を振込みます。

手数料が多めにかかってしまいますがコンビニ入金もできるので、銀行が近くにないという方は利用してみるのもいいかもしれません!

3.Lisk(リスク・LSK)を買う

1.コインチェクアカウントのメニューから「コインを買う」を選択し、「Lisk」を選択

2.注文窓で「数量」(欲しいLiskの量)を入力して購入するボタンをクリック(画像では30Liskを注文しようとしています。)

購入するボタンをクリックするとリップル(Ripple・XRP)購入完了です。

 

仮想通貨Lisk(リスク)の将来性・今後

仮想通貨Lisk(リスク)はやはりjavascriptを開発言語として使えるため世界中の優秀なエンジニアたちが開発を進めてくれるというのが大きなアドバンテージになっています。また2018年2月20日にはリブランディグが予定されており、Liskの名前が変更されることになります。2018年7月に分散型取引所関連の情報が発表されるとのことでその期待感で未だLiskの価格は高騰を続けています。日本国内大手取引所のビットフライヤーへの上場も噂されているので興味のある方は今のうちにコインチェックなどでのLisk(リスク)の購入をおすすめします。

コメントを残す