LTC(ライトコイン)の特徴と買い方・購入方法

LTC(ライトコイン)とは?

LTCはビットコインの欠点になりそうな部分を補う目的で開発されている決済通貨です。
例えば、LTCはビットコインより四倍の速さで取引承認が行われます。

LTCの利点は取引承認速度だけではありません。

もし1BTCの価格が1000万円を超えると、手数料から少額決済に利用できなくなります。
そんな時、ビットコインの代わりに少額決済に利用しようとしているのがLTCなのです。

ビットコインが世界中で利用されることを期待している人たちは、ビットコインを金、LTCを銀という表現をします。

アメリカ最大の仮想通貨取引所であるcoinbaseは2017年12月頃までビットコイン・イーサリアム・ライトコインの三種類しか取引できなかったことから、アメリカでは人気が高い通貨となっています。

アメリカでの需要がLTCの価値をかなり左右していると考えられるので、LTCを購入する場合はアメリカの動向をチェックするようにしましょう。

 

LTC(ライトコイン)の価格は?

2018年2月下旬現在、1LTCは約25700円となっています。

2017年12月には40000円台に突入しましたが、2月上旬には14000円台を下回りました。
現在は徐々に価格が戻ってきている状態です。

 

LTC(ライトコイン)の将来性は?

ビットコインが広く利用されるようになると、それに応じてLTCの価値も高まるでしょう。
決済手段として、仮想通貨が利用されることが世界的に当たり前になっていけば、LTCは価値が高まると考えられます。

 

LTC(ライトコイン)を買えるおすすめ取引所!

国内ではBitflyerでの購入が可能です。

コメントを残す