ETH(イーサリアム)の特徴と買い方・購入方法

ETH(イーサリアム)とは?

ETHは仮想通貨の中で、ビットコインに次ぐ第二位の時価総額です。

2013年にヴィタリック・ブリテンという人物によって設計され、2015年から日本の仮想通貨取引所での取引が可能になりました。

ETHの開発者は世界中に存在します。成果を出した開発者には報酬も与えられます。

ETHには開発者はいますが、中央管理団体は存在しません。
世界中に分散されたノードによって構成されるP2Pネットワークです。

ETHの最大の特徴はアプリケーション作成のプラットフォームです。
イーサリアムのブロックチェーンを利用して、だれでもアプリケーションを作成することができます。
この機能は魅力的ですが、一方で技術的な脆弱性を生み出す原因となってしまうので、たびたびイーサリアムは攻撃を受けます。

以前、ハッキング攻撃によってETHは約50億円の損害を出したことがあり、中央集権的な施策によってその損害を賄おうとしました。

そんななかで、非中央集権的な仮想通貨を目指すコミュニティが、セキュリティ面を向上させたETC(イーサリアムクラッシック)を分離する形で新しく作成しました。

 

ETHのもう一つの特徴として、スマートコントラクトがあります。

スマートコントラクトは、取引の記録をブロックチェーン上に残すだけでなく、契約情報も記録できる機能です。これによって自動で売買契約の支払いなどを行うことが可能になります。

 

ETH(イーサリアム)の価格は?

2018年2月現在、1ETHは約102000円となっています。

2018年1月上旬には160000円台に乗りましたが、その半分の80000円台まで下落し、また持ち直しはじめている状態です。

 

ETH(イーサリアム)の将来性は?

ETHを利用したアプリケーションは次々と誕生しており、これからも増えていくと予想されます。大企業もイーサリアムを利用したプロジェクトの開発を進めています。

一方で、いまだにETHを利用したアプリケーションで世の中に広まっているものはなく、ETHによるアプリケーションが価値が高いものになるかは現段階では確信が持てません。

ETHの購入を検討されている方は、まずETHの技術的な利点などをしっかりと勉強されたうえで、今後ETH発アプリケーションが広まるかどうかを検討されることをおすすめします。

 

ETH(イーサリアム)を買えるおすすめ取引所!

国内ではBitflyerやZaifでの購入が可能です。

コメントを残す