ETC(イーサリアムクラッシック)の特徴と買い方・購入方法

ETC(イーサリアムクラッシック)とは?

ETCは元々はETH(イーサリアム)であり、ハードフォークによって二つに分離しました。
ハードフォークとは互換性のないアップデートのことです。

分離の最大の理由は、50億円以上のハッキング被害によって技術者たちの間で方向性の違いが生じ、内部分裂したことです。

イーサリアムの開発チームは、ハードフォークによってハッキングが行われる前の状態に戻すことで解決を図り、ハッキング被害は無効化されました。

しかし、非中央集権的な仮想通貨を目指す一部のコミュニティが反発しました。このコミュニティが新しいプロジェクトとして作ったのがETCです。

 

こうした経緯から、ETCはETHと備えている機能がほぼ同じです。
ただ、ハッキングの被害にあわないようETHに比べて拡張性を制限し、セキュリティや安定性を向上させています。

 

ETCはETHと同様にスマートコントラクトという機能が売りになっています。

スマートコントラクトは、取引の記録をブロックチェーン上に残すだけでなく、契約情報も記録できる機能です。これによって自動で売買契約の支払いなどを行うことが可能になります。

ETC(イーサリアムクラッシック)の価格は?

2018年2月現在、1ETCは約4400円となっています。

2018年1月上旬には1ETCが5000円台になりましたが、2月上旬までにかけて2000円台前半にまで下がりました。現在はまた上昇し始めている状態です。

 

ETC(イーサリアムクラッシック)の将来性は?

ETCはその由来上、ETHの価格変動に大きな影響を受けます。
ETHはこれからも価格の伸びると考えられるので、まだまだETCも価格の伸びしろがありそうです。

また、ETCは本来の分散型システムとしての仮想通貨を目指しているので、その理念に共感する人が増えれば増えるほど、価格も伸びると考えられます。

 

ETC(イーサリアムクラッシック)を買えるおすすめ取引所!

国内では、BitflyerでETCの購入が可能です。

コメントを残す